小規模法人の確定申告|アウトソーシングで給与管理することで様々な問題が解決できる
男性と女性

アウトソーシングで給与管理することで様々な問題が解決できる

小規模法人の確定申告

社内

確定申告が最大の壁

個人事業主が事業規模を拡大して法人化した場合に直面する最大の壁は、1年間の決算に基いて計算される法人税の申告です。法人の所得に相当する純利益に対して課税される法人税の計算も複雑ですが、その前にまず決算書を作成する作業に多大な時間と労力を要するのです。専門の経理担当者を雇用していないような小規模法人にとっては、この決算書の作成も簡単なことではありません。決算書の作成から確定申告に至るまでの申告業務には多大な労力を要することから、通常は税理士や会計事務所に依頼することが多くなります。会計のプロと言える税理士事務所はそうした申告業務を忠実に代行し、決算申告を適切に処理してくれるのです。そうした税理士事務所に申告業務を依頼することで厄介な法人税計算から解放されますが、その代償としてある程度の料金も発生します。最近では確定申告ソフトや決算申告機能を備えた会計ソフトが多く登場しているため、自分で申告業務に挑むという小規模法人経営者も増えてきました。確定申告ソフトの多くは日々の入出金記録を入力する会計ソフトのデータ取り込みが可能で、従来と比べて決算書作成にかかる労力を大幅に軽減させているのです。

申告業務の負担を軽減

こうした確定申告専用のソフトに加え、決算申告機能を持つ会計ソフトも小規模法人にとって大きな味方となります。従来の会計ソフトは経理事務員など知識のある人にしか操作できない面もありましたが、会計が苦手な人でも直感的に操作できるソフトが増加中です。日常的な入出金データの入力は条件次第で自動化することも可能となっており、領収書をスマートフォンのカメラで撮影するだけでデータが取り込める製品もあります。会計ソフトをスマートフォンで操作できるようになった背景として、こうしたソフトのクラウド化も見逃せません。インストール不要のクラウド型会計ソフトを利用することで、いつどこにいても入力業務を済ませられるのです。決算申告機能を実装したクラウド型会計ソフトなら、決算書作成から確定申告までが自動化されます。操作の過程で何か不明な点が生じた場合でも、チャットやメールによるサポートがあれば安心です。決算申告を可能にしたクラウド型会計ソフトは、安価な月額料金で利用できる点でも人気を集めています。大企業と違って1人の担当者や経営者に負担のかかる小規模法人では、こうしたソフトで確定申告を乗り切るのがトレンドなのです。